ラクトフェリンって何ですか

ラクトフェリンって何ですか

・ラクトフェリンって何ですか?

ラクトフェリンという言葉を聞いたことはありませんか?最近ジワジワと耳にするようになってきたラクトフェリン。ラクトフェリンとは、糖タンパク質の一種です。哺乳動物の母乳に多く含まれています。もっとも多く含まれているのはお母さんの最初の母乳となる初乳です。初乳には、赤ちゃんがこれから先生きていくための様々な免疫が含まれている、と聞いたことはありませんか?ミルクで育てたいお母さんも、初乳だけは赤ちゃんにあげましょうと指導を受けた方も多いのではないでしょうか。初乳にはラクトフェリンがたくさん含まれているのです。

ラクトフェリンは鉄分と結びつきやすいという性質を持っています。また、人に対して様々な効果が期待できるということが分かっています。その期待できる効果の一部をご紹介します。

・ラクトフェリンの効果

ラクトフェリンの効果として代表的なものには、以下のようなことなどが挙げられます。

免疫力を高める(抗ガン作用)

腸内環境を整える

貧血の予防改善

胃の細菌に対する殺菌、抗菌

ドライアイの改善

花粉症対策

口臭予防(歯周病対策)

骨粗しょう症予防(骨誘導活性)

アンチエイジング(抗酸化)

ストレス軽減

ダイエット(脂質代謝改善)

更年期障害

美肌

風邪予防(ウィルスの撃退)

多岐にわたって多くの効果が期待できるラクトフェリンですが、最近まで大量生産は難しいとされてきました。

同じような効果を発揮するサプリメントに黒酢にんにくなどがあります。

・ラクトフェリンの利用

ラクトフェリンは熱に弱い性質を持っています。そのため今まで大量に生産することができませんでした。市販されている牛乳などは、加熱殺菌処理がされているため、ラクトフェリンはほとんど含まれていません。しかしその後研究が進み、大量生産の技術が確立され、ラクトフェリンは多くの人が簡単に活用できるようになってきています。森永乳業ではいち早くラクトフェリンの研究を進め、乳児用のミルクにラクトフェリンを配合して販売しました。お母さんの母乳を飲まない赤ちゃんでも、ラクトフェリンを簡単に摂取できるようになったのです。

ラクトフェリンは腸内環境改善に効果がありますが、実はそのまま飲んでも腸まで届きません。胃で吸収され腸まで届かないのです。しかし最近ではラクトフェリンをしっかり腸まで届けるサプリメントなども開発されています。

・ラクトフェリンの問題点

ラクトフェリンは安全な成分であるとの報告がされていますので、目立った副作用はないと考えられています。しかし、ラクトフェリンは乳製品に多く含まれています。乳製品に由来する成分であるので、乳製品アレルギーを持つ方は摂取に注意が必要です。また、乳製品にアレルギーがない方でも大量に摂取すると効果が出過ぎて下痢をしてしまう、などいったことがあるようです。理想は1日に150mg~300mgであるといわれています。

・ラクトフェリンの利用

ラクトフェリンは毎日継続して身体に取り入れることで効果が期待できるようになります。お薬とは違って飲んですぐに効果が実感できるというものではありません。毎日決まった量を続けて取り入れましょう。ラクトフェリン入りのヨーグルトなどは、毎日朝食後に1つ食べるなどといった習慣にできておすすめです。また、ラクトフェリン入りのサプリメントも習慣づけしやすいでしょう。朝食後に決められた錠数を飲むなどと決めておくと、飲み忘れを防ぐこともできます。

ラクトフェリンは乳酸菌と一緒に摂取することで整腸作用の相乗効果が高まるといわれています。ラクトフェリンを飲むときには一緒に乳酸菌も取り入れてみましょう。

・ラクトフェリンをおすすめしたい方

ラクトフェリンは次のような方におすすめします。

風邪をひきやすい方

便秘をしやすい方

下痢をしやすい方

胃腸が弱い方

ドライアイなどの目の症状を感じている方

花粉症に悩まされている方

歯周病、口臭に悩まされている方

骨粗しょう症予防をしたい女性

美肌作りをしたい方、アンチエイジング対策を始めたい方

ストレスを感じている方

ダイエットしたい方

誰もが少なくとも1つは思い当たる症状があるのではないでしょうか。ラクトフェリンは様々な方におすすめなのです。口コミでも定評のサプリメントです。

↑ PAGE TOP